コミック

吸血鬼の食卓

あらすじ

天涯孤独の少女・花絵は、「餌」として吸血鬼に飼われる道を選ぶ。現代の上流階級層の中に紛れて生きる吸血鬼に、毎日たった一口分の血液を差し出すだけで、衣食住のすべてを援助してもらえるからだ。
餌としてかしずくことになった美少女吸血鬼・月子は、育ちに似合わぬ意地悪さで花絵に辛く当たるばかり。けれど、花絵が月子の「本当の心」に触れた時、捕食者と非捕食者の間に甘美な絆が生まれる…。
永劫の時を生きる吸血鬼の孤独と、その食料でしかない「餌」との切なくも甘い関係を描く、まったく新しい吸血鬼譚、ここに誕生!

著者

吉田了

6月30日生まれ。趣味は水族館巡り。

試し読み

Amazonで購入

配信書店一覧

amazon
Renta!
コミックシーモア
ebookjapan
楽天kobo

  • LINEで送る

コメントを残す

*