書籍詳細 一覧へ戻る

オメガ令嬢の危険な番 インテリヤクザは純愛から逃げられない

沢渡奈々子 / 著
天路ゆうつづ / イラスト
定価 1,320円(税込)
発売日 2024/02/22

お取り扱い店

電子配信書店

  • Amazon kindle
  • コミックシーモア
  • Renta
  • piccoma
  • どこでも読書
  • booklive
  • ブックパス
  • ドコモ dブック
  • ebookjapan
  • DMM
  • honto
  • 楽天kobo
  • どこでも読書

内容紹介

運命の番は極道育ちのエリート社長
名家の令嬢・結城穂花は、より強力なフェロモンを持つ特殊なオメガ――プラチナオメガ。長年『運命の番』との出会いを夢見てきたけれど、ついに見つけた番は何とヤクザの組長に育てられた男だった!? 彼――北原数馬は、一般企業の社長を務めるエリートながら今も組とは深い繋がりがある。そのため好意も露わに近づく穂花を冷たくあしらうが、熱意に負けて一度だけデートすることに。しばし幸せな時間を過ごすものの、突然穂花が強烈な発情期を迎えてしまい――。苦しいほどの劣情に悶える彼女に数馬は囁く。「今お前を解放してやれるのは、俺だけ……なんだな?」自制を捨て穂花の処女を散らし、さらには番の契りまで結んでしまう数馬。身分違いの二人の愛の決着方法とは――? 特殊なアルファ&オメガが織りなす運命のラブストーリー『転性オメガの眠り姫 執着御曹司はベータを覚醒させる』のスピンオフ作品登場!

立ち読み


   ◆1

 もう二度と、お見合いなんてしないんだから。
 
 今年の桜も見頃となった、そんな春の日――穂花(ほのか)は心で固く誓いながら、目の前に座る男から目線を外した。
 曾祖母の代から受け継がれた振袖は、正絹(しょうけん)京(きょう)友禅(ゆうぜん)の雲(くも)取(どり)花(はな)文様(もんよう)。深紅の地に色とりどりの花が描かれている。古い着物だが、華やかで品があった。
 それをきっちりと着せられ、この見合いの場に駆り出されている。
(そもそも、この着物、本当に私に似合ってる……?)
 着つけてくれた家政婦や母は「とってもよく似合ってる」と言ってくれたけれど、本当にそうだろうか。
 自分で言うのもなんだが、穂花は見た目がふわふわな、綿菓子系童顔女子だ。もっとこう、ピンク地の可愛(かわい)らしい着物が似合う気がする。
 重厚感と高級感あふれる着物では、完全に中身が負けているのだ。それはもう、けちょんけちょんのボッコボコに負けていると断言できる。
 東京の有名な料亭の一室――障子の向こう側には、わびさびを詰め込んだような苔庭(こけにわ)が広がっている。
 このシチュエーションは、おそらく相手側の親がコッテコテの『ザ・お見合い』を想定して、張り切って設(しつら)えたものだろう。
 それはそれですごいし素敵だと思う――但(ただ)し、自分さえこの見合いに乗り気であれば。
 穂花にとって、この縁談は完全に義理だ。一ミリも乗り気ではない。見合い写真を見た瞬間そう感じた……いや、正しくは何も感じなかったし、実際に本人を目の前にしても、心は動かなかった。
「結城(ゆうき)家のご令嬢が、こんなに可愛らしい方だったとは。今日、こうしてお目にかかれて光栄です」
 相手は爽やかにそう言うけれど。彼から受ける感情は、どこかドロリとしている。
 有名企業の御曹司だ。兄ほどではないがイケメンでもある。経歴も申し分ない。それになにより――プラチナアルファだ。
 この上ない好条件の相手だし、普通なら断らない。しかし穂花の中では、会った瞬間に断ることが決定した。
 理由は二つある。
 この相手から、穂花への好意を感じないのだ。正確に言えば、好意自体は存在する。ただそれには、『打算』と『腹黒さ』がべとべとに塗り込められていた。
 資産家のお見合い結婚には、少なからず打算や利害が介在していることは、穂花にも理解できる。
 しかし穂花の家は、政略結婚をしなくてはならないような家ではないし、両親からも好きな人と結婚するといいと言われている。
 本来なら、こんな見合いなんて受ける必要もないのだ。
 とはいえ、両親にもつきあいというものがあり、知人から頼まれれば、本人に話を通さないわけにはいかず。
「会うだけでもいいから」
 なんて頼まれれば、本当に会うだけならと、見合いに臨んだりもする。一応大人だから。
 これまで三度の見合いを経験しているが、どの相手も穂花自身を見てくれているとは思えなかった。自分だってそうなのだから、あまり人のことは言えないのだけれど。
 でも、相手がこちらをどう思っているのか、穂花には手に取るように分かる。推測などではなくて、実際にそうなのだ。
(足下が重い……)
 あまりにも不純なものを孕(はら)んだ好意を向けられると、どうにもこうにも足が重いように感じてしまう。
 今まさに、正座の膝の上に大きな石を載せられた気分になっていた。
 もう一つの理由は――この見合い相手は、穂花の運命の相手ではないこと。
 だから絶対に、この相手とは結婚することはないと断言できる。
「今回の人も……違ってた」
 運命じゃなかった――帰宅して着物を脱ぎ、ホッと一息ついたところで、穂花はぽつりと呟いた。
 結城穂花の見合いは、毎回速攻で終わる。
 今回も見合い相手と別れるや否や、父親に連絡して断ってもらうよう伝えた。
 結婚願望がまったくないわけではない。好きな相手がいれば、一生一緒にいたいという願望くらいは持ち合わせている。
 ただ、見つからないだけなのだ――運命のひとが。


この続きは「オメガ令嬢の危険な番 インテリヤクザは純愛から逃げられない」でお楽しみください♪