書籍詳細 一覧へ戻る

執着系、恋愛のススメ_書影_帯無し

執着系、恋愛のススメ

橘 柚葉 / 著
ゴゴちゃん / イラスト
ISBNコード 978-4-908757-64-8
サイズ 文庫
本体価格 本体685円+税
発売日 2017/02/03

お取り扱い店

  • Amazon
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • 楽天

電子配信書店

  • ブックパス
  • どこでも読書
  • パピレス
  • Renta
  • DMM
  • ebookjapan
  • まんがこっち
  • Amazon kindle
  • 楽天kobo
  • ドコモ dブック

内容紹介

俺にすべてを見せろ。そしてもっと俺を欲しがれ
就職して三年目になる夏菜の前にエリート新入社員として現れたのは、幼なじみの雪だった。同じ会社で働くことになって驚く夏菜を余所に、他人行儀な態度をとっていた雪は、歓迎会の帰りにイキナリ態度を一変!!「俺が欲しいのは、今も昔もずっとお前だけだ」ホテルに連れ込み、かつてないほど甘い言葉を囁き独占欲を見せて、夏菜をベッドに押し倒し――。捕食するような過激なキスと淫らな愛撫に翻弄されて!? 執着系俺様ドS男子×意地っ張りなツンデレ女子のファーストラブ❤
★初回限定★
特別SSペーパー封入!!

人物紹介

鈴里夏菜(すずさと かな)

就職して三年目になるOL。24歳。
これから恋人を作ろうと躍起になっている。

片倉 雪(かたくら せつ)

地方にある大学院を卒業して、夏菜と同じ会社に就職した。24歳。
夏菜の幼なじみで、腹黒ドS。

立ち読み

頬、首筋に雪の唇が這う。すると再び甘い声が私の口から零れ落ちる。
 私は悩ましげな吐息をつきながら、彼の名前を呼んだ。
「どうした?」
「……」
「夏菜?」
 私はシーツを指で弄りながら、雪を見上げて懇願した。
「……痛く、しないでね?」
「え……?」
「だから! もうー! これ以上言わせるな!」
 唇を噛みしめて羞恥に耐えている私に、雪は妖艶にほほ笑む。
「わかっている。今まで得た知識を総動員して、なるべく痛くないようにするから。お前は俺に全部委ねていろよ」
 コクンと頷くと、私の身体に巻きつけてあるシーツを剥がし、雪は裸の私をジッと見つめた。熱い視線に恥ずかしくて目眩がしそうだ。
 雪はチュッと音を立てて私の頬にキスをしたあと、鎖骨に舌を這わす。
 雪の手は胸の感触を楽しむように揉み、ピンク色に色づき主張している頂を口に含んだ。
「あああっ……やぁあんん」
「可愛い。もっと聞かせろよ」
 何度も胸を揉まれ、私はひっきりなしに甘ったるい声を出す。
 雪の手はそのまま下へと移動してお尻を撫で回したあと、私をうつ伏せにし、腰を持ち上げ四つん這いにさせた。
 戸惑う私を雪は優しく諭し、そのままお尻に唇を這わす。
 割れ目を舐め上げられると、ブルルと震えて身体を投げ出した。
「夏菜、甘い蜜が滴っているぞ」
「っああ、ハァ……んんっ」
 雪は私を仰向けにさせ、膝を立てさせる。そしてそこを大きく開いた。
 甘い痺れのせいで力が入らない私は、恥ずかしくて視線を逸らすしかできない。
 雪はフッと小さく笑ったあと、蜜に誘われるように、そのまま妖しく光る場所へと舌を伸ばす。
 ナカに舌を入れ込み、ジュジュッと音を立てて出し入れをする。
 慌てて膝を閉じようとしたが、間には雪が入り込んでいて閉じることができず、ただ淫らな声を出すだけだ。
 舌を蜜壺から出し、今度は秘芽を可愛がる。
 クニクニと舌で愛撫しながら、指を私の中心へと向かって入れ込んできた。
 ひときわ敏感な場所を撫で上げられ、私は一層甘い声で喘ぐ。
「ここがいいか?」
 恥ずかしくて首を横に振って否定しようとしたが、身体は正直だ。
 雪の指を締めつけるように、ギュッと私のナカが収縮する。
 もっと快感がほしくて腰をフルフルと揺らす私に、雪はクスッと笑い声を零した。
「夏菜、腰が揺れてる。もっと欲しい?」
「はぁあっ……ふぁぁあん」
 甘い吐息が出るだけで反論できない。それどころか、もっとしてほしいだなんて淫らすぎるお願いを言いたくなる。
 指を出し入れするだけで、グチュグチュと厭らしい音が部屋に響く。
 耳を押さえたい衝動にかられていると、今度はチュッと秘芽を唇で挟み、指を出し入れしだした。
「ああぁ、ダ、ダメ。せ、雪」
「一度、イッておいた方がいいだろう? ほら、気持ちよくしてやるから力を抜いて」
 素直に身体の力を抜いた私を見て、雪の唇そして指はせわしなく厭らしく動く。
「ダメッ。やぁん……ふぁああ!!」
 身体が硬直して足がピンと伸びたあと、そのまま私の身体はベッドに沈んだ。
 荒くなってしまった息を整えていると、雪はスラックスと下着を脱ぎ捨てて先ほどの箱に手を伸ばす。
 パッケージを開き、中からゴムを取り出した。
 すでに破裂しそうなほどいきり立っている雪のモノに被せ、再び私に覆い被さってくる。
「夏菜、入れるぞ」
 蜜が滴っている場所にあてがわれると、一瞬息をのむ。だが、すべてを雪にあげる覚悟はできている。
 私は緊張でガチガチに固まった身体の力を抜き、雪にほほ笑みかけた。
「うん……いいよ」
 雪が息をのむのがわかった。彼が小さく頷いたあと、私の中心に向かって入ってくる。
 すぐさま私を襲うのは、痛みと異物感だ。
 顔を歪める私を、雪は眉を下げながら労ってくれる。
 少し進んでは、止まり、そしてキスをしたり胸を愛撫したり、秘芽を指で愛でたり。
 喪失の痛みを和らげてくれるつもりなのだろう。雪の優しさが胸に染み入る。
 ゆっくりペースで事を運んでくれているのがわかる。だけど、息苦しさと痛みへの恐怖は消えない。
 最奥手前、強烈な痛みが私を襲い、ギュッと目を閉じて堪える。
「夏菜、大丈夫か? 痛いだろうが、耐えてくれる……っか」
 雪が私の頬をゆっくり撫でたあと、私を労ってくれる。
 コクコクと頷いたが、目尻に涙が浮かんでしまう。
 雪は心配そうに私の顔を覗き込んできた。困ったような表情なんて激レアかもしれない。
 フッと息を吐きながら笑う私に、雪はもう一度頬を撫でて言う。
「あと少し、だ」


この続きは「執着系、恋愛のススメ」でお楽しみください♪