書籍詳細 一覧へ戻る

9784864572521

ロイヤル・フィアンセ ~国王陛下の淫らなくちづけ~

伊郷ルウ / 著
池上紗京 / イラスト
ISBNコード 978-4-86457-252-1
サイズ 文庫
本体価格 本体590円+税
発売日 2015/09/16
レーベル ロイヤルキス
発売 ジュリアンパブリッシング

お取り扱い店

  • Amazon
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • 楽天

電子配信書店

  • ブックパス
  • どこでも読書
  • どこでも読書
  • パピレス
  • Renta
  • DMM
  • ebookjapan
  • Amazon kindle
  • 楽天kobo
  • ドコモ dブック

内容紹介

愛しき我が妃、すべての愛を君に捧げる。
国賓として迎えられた王女リリーシェは、大国ファンタックの第一王子ランドルフと美しい泉で出逢う。恋に堕ちた二人は将来を約束するが、二年後、求婚があったのは国王陛下からだった。彼の花嫁になれない事を絶望しながらも、王女の務めとして受け入れる。しかし王に謁見する前に、突如現れたランドルフにベッドに連れ込まれてしまい!? 清い身で嫁がなければと訴えるも、激しいくちづけに、諦めたわけでは無いの? と戸惑う。俺のものだとかき抱かれ、純潔を散らされて…。スイートラブ❤
★初回限定★
特別SSペーパー封入!!

人物紹介

リリーシェ

北の大国タナルート国の末姫16歳。
ファンタックに訪れた際、ランドルフから求婚を受ける。

ランドルフ

南の大国ファンタック国の第一王子。
リリーシェに一目で恋に堕ち、二年後の結婚を約束する。

立ち読み

「あ……ふっ」
 腿を撫でていた手が、下着の合わせ目から入ってくる。
 たいせつな場所を指先でなぞられ、身体のそこかしこが震えた。
「ここで身体を繋げ合うことを知っているか?」
 胸に埋めていた顔を起こした彼が、秘所に触れている指にグッと力を入れる。
「あっ」
 指が中に飲み込まれていくのを感じ、一瞬、身体が強ばった。
「恐いか?」
 ランドルフの顔に迷いが浮かぶ。
 男女の営みについては習っているし、ランドルフとひとつになりたいと願ってきたから、恐怖は感じないと思っていたのに、実際に触れられたとたん怖じ気づいてしまった。
 この先は未知なる世界。恐いのはあたりまえなのだと自らに言い聞かせ、リリーシェは微笑んで彼を見つめる。
「平気よ」
「強がらなくてもいいんだぞ」
 まだ迷いが消えないランドルフの顔をそっと両手で挟み取り、柔らかに目を細めた。  
「強がってなどいないわ。私、あなたとひとつになりたの」
「リリィ、君はなんて素敵なんだ」
 顔を綻ばせた彼がおもむろに起き上がり、ズボンの前を寛げていく。
 急に羞恥を覚え、横たわったまま顔を背けて目を閉じた。
 聞こえてくる衣擦れの音にさらなる羞恥を煽られ、リリーシェは逃げ出したい思いに駆られてくる。
「なっ……」
 いきなり両の脚を開かれ、驚きに目を瞠る。
「うんっ」
 広げた脚の中心に、熱を持ったなにかがあたり、無意識に歯を食いしばった。
「力を抜いていろ」
 無理と答えるより早く、先ほど彼の指を受け入れていたとろこに、硬くて太いものが押し込まれる。まるで灼熱の楔を穿たれたかのように、そこが熱い。
「いやぁ……」
 駆け抜けていった強烈な痛みに、涙が溢れ出す。
 この痛みが、純潔を失った証しなのだろう。
「リリィ……」
 ランドルフが身体を重ねてくる。
 熱の楔がより深く埋め込まれ、息が詰まりそうになる。
「リリィ、大丈夫か?」
 こちらを気遣う声が耳をかすめていった。
 感じているのは、泣き叫びたいほどの激痛だ。
 けれど、ランドルフとようやくひとつになれた喜びは大きく、痛みなど容易く掻き消されていく。
 とめどなく溢れてくる涙は、嬉し涙に変わっていた。
「ランディ……私、嬉しい……」
 両手で広い背を掻き抱き、涙に濡れた頬を擦り寄せる。
「俺もだ、リリィ、言葉にしがたいほどの喜びで胸がいっぱいだ」
 熱を含んだ甘い彼の声に、またしても涙が零れた。
「ぅ……ん」
 いきなり楔で奥を突き上げられ、大きく仰け反る。
 何度も何度も繰り返される同じ行為に、小さな身体が激しく揺さぶられ、ドレスも結い髪も乱れていく。
「はっ……んく……」
 彼が最奥を突き上げながら、露わな乳房を揉みしだいてくる。
 小さな花芽を摘ままれ、ときに爪を立てられ、身悶えずにはいられない強い痺れが駆け抜けていった。
「君の中は温かくて柔らかい」
 荒い吐息混じりの声が耳をくすぐってくる。
 身体の中など、自分ではわからない。けれど、彼の言葉に喜びを覚える。内に感じている灼熱の楔が、愛おしくさえあった。
「はうっ」
 大きく腰を引いた彼が、奥深くを目指して突き上げてくる。
 熱く脈打つ楔に擦られる柔襞が、淫らに疼き出す。
 どんどん身体の熱が高まっていく。病による熱とはまったく違う。燃え盛るような感覚は、目眩を起こすほどに心地いい。
「リリィ、俺のリリィ……ようやく手に入れた」

この続きは「ロイヤル・フィアンセ ~国王陛下の淫らなくちづけ~」でお楽しみください♪