書籍詳細 一覧へ戻る

青年伯爵とお針子令嬢_書影

青年伯爵とお針子令嬢

如月 / 著
ウエハラ蜂 / イラスト
ISBNコード 978-4-86457-268-2
サイズ 文庫
本体価格 本体610円+税
発売日 2015/11/16
レーベル ロイヤルキス
発売 ジュリアンパブリッシング

お取り扱い店

  • Amazon
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • 楽天

電子配信書店

  • ブックパス
  • どこでも読書
  • どこでも読書
  • パピレス
  • Renta
  • DMM
  • ebookjapan
  • まんがこっち
  • Amazon kindle
  • 楽天kobo
  • ドコモ dブック

内容紹介

君の肌の柔らかさにどこまでも溺れそうだ
殺人罪で掴まった父の冤罪を晴らすため公妃に直訴しようとして捕まったシシリエンヌは、青年伯爵アルチュールの許で監視されることになる。真摯に彼女の話を聞き、事件の再調査に協力してくれる彼に惹かれていくシシリエンヌ。しかし、お針子の自分と貴族である彼では世界が違いすぎる。距離をおこうとする彼女をアルチュールは情熱的にかき口説き口づけてくる。二人だけの秘密の夜、何も知らない身体を優しく開かれて愛されて、震えるほど感じる悦び。一方、事件の方は意外な展開を見せて!?
★初回限定★
特別SSペーパー封入!!

人物紹介

シシリエンヌ

仕立屋の次女。裁縫が天職。
父の冤罪を晴らすため公妃に直訴しようとする。

アルチュール

キャステル伯爵。
内務大臣の事務次官。一見クールだが中身は熱く、正義感が強い。

立ち読み

「ひゃっ、ぁあ、……っ」
 びくりとシシリエンヌの体が跳ね上がった。
 濡れた舌に触れられた瞬間、操り糸を引っ張られたように足が強張り、切ないような感覚が下腹の奥に向かって走り抜けた。
 ――何? これはいったいなんなの?
 恥ずかしくてたまらないはずなのに、膝は開いたまま、秘所に彼の舌を受け入れている。
 二つの未熟な花芯の間を、彼の舌は蜜を探るようにえぐっていった。彼は舌先だけでシシリエンヌを壊れた操り人形のようにびくびくと動かすのだ。
「は、……あっ、い、……いや、ぁあん」
 小さい波と大きな波が交互に押し寄せて彼女を責め立てる。
「ひ、……や、……ぁっ、ア、あ……熱い……お腹の中が……」
 シシリエンヌの足の間が熱っぽく、快感に震えて体を硬直させるたびに、じわじわと何かが漏れ出ている気がする。
「濡れてきたね。それでいいんだよ、もっとたくさん出してごらん」
 じゅ、じゅ、と蜜をすする音が聞こえる。
 足をMの形に開かされ、のどを反らし、恥ずかしい部分を無防備に曝しているほど、彼女は快感に翻弄されている。子宮が収斂し、下腹がたぎるように熱く燃えて、官能の雫をとろとろ流している。
「あ――、あ、ぁ……ッ、ひ…!」
 浅いところを行き来していたアルチュールの舌が、突然彼女のもっと奥へと潜り込んできて、シシリエンヌは息を詰めた。
「あっ……い……痛っ」
 いくら十分に滑りを帯びた舌でも、無垢な隘路にねじ込まれると微かな痛みを感じ、ぴくん、と彼女の胸が跳ねた。
「怖がらなくていい。ゆっくりと受け入れてくれればいい。ここにおいで」
 そう言うと、アルチュールベッドに体を起こし、ガウンのままの自分の膝に、裸のシシリエンヌを横抱きに座らせた。左腕で彼女の背中を支え、右手を彼女の足の間にそっと忍ばせる。
「私の首につかまれるか?」
「はい……伯爵様」
 シシリエンヌは言われるままに、なよやかな腕を彼の首に回した。そのまま顔を重ね、口づけを交わす。アルチュールの大きな手が彼女の後頭部を抱え込み、わが身に押しつけて荒々しく唇をむさぼるのを、シシリエンヌはうっとりと受け止めていた。
 口づけを繰り返す一方で、蜜で溢れた肉洞に彼の手が触れ、濡れた花びらの間に指をさし挟んで泥濘に文字を書くようにゆっくりと動いた。
「んん……う!」
 彼の膝の上で、シシリエンヌの丸い双丘がぷるりとはずむ。腰が自然にひくひくと動いて、彼のもっと強い愛撫を求めてしまう。うっ血して膨らんだ花芯を押し分けて、長い指がずぷりと入ってきた。
 びくん、とシシリエンヌの体が波打つ。
 彼女は青い瞳を瞠り、息を詰めてその異物感を味わった。胎内で燃える熾火に、それはまだ届いていない。そのもどかしさが新たな快感を生んだ。
 アルチュールの指は、彼の届く限りまで進むと、ゆっくり引き返した。
 始めは一本で、次に二本の指を揃えて抜き挿しされると、その指に濡れ襞がまとわりついて、くちゅくちゅと淫い ん靡び な音を立てる。
 リズミカルに同じ動きを繰り返され、違和感がなくなってくると、ぞくぞくする快感に彼女の肌が粟立ってきた。
「ん、……ううん、ん、……あ、あぁ……っ」
 呼吸が乱れて苦しくなり、とうとうアルチュールの唇から逃れた。シシリエンヌは溺れかけた人のように口を開け、胸で喘いだ。下肢の間でうごめく手はまだ止まらず、彼女の胎内で探し物をしているかのように複雑に動き始めた。
「や、……あ、だめです。そんなふうにしちゃ、だめ、……あ、あ、やぁん」
 指の腹で蜜襞をトントンと叩かれ、ぐねぐねと指を開かれる。突然子宮が収斂し、雷に打たれたかのようにシシリエンヌの体が強張った。
 アルチュールの首にかけていた細い手が力を失ってずるずると体が沈んでいく。
「達したね」
 彼女はアルチュールの腕から静かに下ろされ、仰向けに寝かされた。その上から彼が覆いかぶさってくる。絶頂を極めて息を荒げているシシリエンヌの、その唇にやさしいキスを落とすと、彼は足の間に割って入ってきた。
 シシリエンヌが目を上げると、情熱的な漆黒の瞳が見下ろしていた。剥き出しになった肩やたくましい胸に黒髪が垂れている。彼はシシリエンヌの肩を捉え、ゆっくりと腰を落とす。とろとろと蜜が溢れて濡れそぼった媚肉に熱い塊が押し当てられた。

この続きは「青年伯爵とお針子令嬢」でお楽しみください♪