コミック

レオノーラの猛獣刑

あらすじ

古代ローマ。有能なライオン飼育係の奴隷少女レオノーラは、唯一の家族とも言えるライオン「マックス」が富豪ペトルスに売られてしまったことにショックを受ける。ペトルスは不注意でグラスを割ってしまった奴隷に腹を立て、猛獣刑(ライオンに食わせる死刑)にしてしまうという彼の異常を悟り、家族であるマックスを守り抜くと決意する。

著者

モクタン・アンジェロ

ブラジル出身。14歳のとき日本の漫画に感銘を受け漫画家を志す。漫画と日本語を勉強し、2007年、東京造形大学大学院に日本政府国費留学生として留学。卒業後、IT企業に5年間勤務。その間、『Akazukin-chan』をはじめ、昔話を現代東京にアレンジしたシリーズで漫画家デビュー。2015年に独立し、「東京国際ブックフェア」開会式で漫画家代表を務める。ビジネス誌「President Next」 で『マイ禅ダイアリー』、「nippon.com」で『禅の言葉に耳を傾ける』を連載。その他にも「COMICジンガイ」でローマ帝国の哲学者のセネカの『怒りについて』を基にした『レオノーラの猛獣刑』を連載するなど、東西思想に熱心な漫画家としても活躍中。作品は6か国語で出版されている。

試し読み

第1話【無料公開中】

レオノーラの猛獣刑

第2話【サンプル公開中】

レオノーラの猛獣刑

  • LINEで送る

コメント

  1. Zoe より:

    なんといってもイラストがカッコイイ!白と黒のはっきりとしたコントラストのあるイラストが私好みで、絵を見ているだけでも楽しめる。内容も続きが気になります!

  2. Azuuuu より:

    ゴロゴロして食べてるのが、静粛なのかな?? 笑

    猛獣刑を止めてくれるのは誰か気になる!!

  3. Peaceout より:

    ちょっと待ってー!!
    超良いところで切らないで〜!
    続きがメチャメチャ気になる(笑)

    この漫画は新感覚アートマンガですな。
    ストーリーも面白いし、続きを読むぜ!

  4. mick より:

    ライオンの前に連れて行かれて、この先どうなるのか!
    あー 気になるっ

  5. JOY より:

    とても面白そうです!古代ローマの設定と絵柄がマッチしていて見ていて楽しめます。続きを楽しみにしています!

  6. Minami より:

    トーンが使われない、白黒の斬新な表現に惹き込まれます…続きが気になる!

  7. wata より:

    その名の通り、黒それも漆黒を大胆に使う作風のモクタン・アンジェロ。彼はブラジル生まれではあるが、そのへんの日本人よりよほど東洋思想に造詣が深く、近年は仕事として作品も含め、禅の思想にさらに深く静かに入り込んでいる。一方、アンジェロの名の通り、ギリシア=ローマ世界、そして、キリスト教の信仰が彼のルーツでありベースになっていることも事実であろう。その彼が、ローマ期の哲人、ストア派のセネカ「怒りについて」を題材に選んだ。これはきっと何か彼なりの目論見があってのことだろう。漫画という枠組みにとどまらないサムシングが期待できそうだ。続きが楽しみである。

  8. Jin より:

    シンプルな作画の中に奥深さがあって、語られていないことを想像させます。思わずたちどまり、じっと見つめてしまう。見る人に様々なことを考えさせる、哲学的な作品だと思います。どうなってしまうのか、続きが気になる!

  9. maru より:

    ストーリーは面白くて、続きを楽しみにしています!

  10. みじんコ より:

    メリハリがついた大胆な黒の画面がかっこいいです。話はまだまだここからという感じですが、表紙の女性はどう猛獣刑にかかわるのか、男とその息子の生死は…!?気になります(*^^*)

  11. ぬらり より:

    ブラジル出身の期待の漫画家、モクタン・アンジェロの新作。奴隷少女のレオノーラが、飼育しているライオンのマックスを守る為に共に行動する話。テーマが深く絵も綺麗で、今後の展開が凄く楽しみです。(^o^)/

  12. Thiago Mallet より:

    Mokutan Angelo is an artist with firm foundations in philosophy, so he is primarily concerned with universal themes – with issues that affect the mankind as a whole. This is why japanese readers can enjoy his work. He has already mastered a high-contrast drawing style, which only contributes to the direct delivery of his message. I look forward to the continuation of this story. おめでとうございます。

コメントを残す

*