書籍詳細 一覧へ戻る

%e3%83%a9%e3%83%96%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%87%e3%82%a3_%e6%9b%b8%e5%bd%b1_%e5%b0%8f

ラブ・メロディ ―執着の旋律―

妃川 螢 / 著
せら / イラスト
ISBNコード 978-4-908757-38-9
サイズ 文庫本
本体価格 本体685円+税
発売日 2016/12/16

お取り扱い店

  • Amazon
  • honto
  • セブンアンドワイ
  • 楽天

電子配信書店

  • どこでも読書
  • どこでも読書
  • パピレス
  • Renta
  • DMM
  • ebookjapan
  • まんがこっち
  • Amazon kindle
  • 楽天kobo

内容紹介

おまえの音だけが、俺にとっての真実だから。
ピアニストの道を閉ざされ、音楽誌の編集者として働く和音の前に現れたのは、寡黙なミュージシャン京介だった。彼の紡ぎ出す音に一瞬で心を奪われた和音だったが、ある日突然京介に組み敷かれ、抱かれてしまう。貪るように和音を求めてくるのに、触れてくる彼の手は何故か甘く優しかった。真意が見えない彼に次第に惹かれている自分に気づき、戸惑う和音。しかし、彼の隣には綺麗な青年が寄り添っていて…。音から始まるメロディアス・ロマンス❤
★初回限定★
特別SSペーパー封入!!

人物紹介

杉浦 和音

音楽雑誌『J - hits』の編集者。
ピアニストを目指していたが、左腕の故障でその道を諦めた。

愷 京介

新進気鋭のサウンドクリエーター。
寡黙な性格とは裏腹に、情熱的な歌声と饒舌な歌詞を紡ぐ。

立ち読み

 直後、息苦しさに襲われる。
 京介が、うしろから抱き締めてきたのだ。
「京…介っ」
 咄嗟に抗おうとしたものの敵わず、大きな手に顎を捕らわれる。覆いかぶさるように降ってきた口づけに、言葉を奪われた。
「……んっ」
 荒々しい行動のわけは、わかっている。
 和音が、携帯を切っていたからだ。
 緋佐子に「連絡させるから」と言われていたのに、自分のほうから連絡がつけられない状況をつくり出してしまっていた。
「京…介、待…ってっ」
 なんとか身体を捩って、屈強な肩を必死に押し返す。けれどその手はアッサリ拘束されて、次にフワリと身体が浮いた。
 ――……っ!?
 2LDKの狭いマンションだ。すぐにベッドルームに辿り着いて、パイン材のベッドに放り出された。体勢を立て直す前に、大きな身体が圧しかかってくる。
「京……っ!?」
 再び、唇を塞がれた。
 すでに馴染んだ唇。この唇がいかに情熱的にこの肌を貪るのか、自分は知っている。
 まるで呼応するように、肌が戦慄いた。
 心は軋んだ音を立てるのに、肉体は男に貫かれることを望んでいる。男が、この身体を求めてくれることを、嬉しいと感じている。
 ――なんて浅ましい……っ。
 思うのに、気づけば大きな身体に縋っている自分がいた。
「和音……」
 熱い唇が、肌を伝い落ちていく。シャツをはだけられ、鎖骨に歯を立てられた。
「……っ、や…ぁ」
 甘く掠れた声が零れ落ちる。
 心と身体が、バラバラになりそうだった。
「い…や…、きょ…すけ……っ」
 弱々しく頭を振って、男の手から逃れようと身を捩る。
「なんで逃げる」
 問うているとも責めているとも取れる声色。その声に、和音はビクリと肌を震わせた。逃れようと身悶えていた身体が強張って、力を失う。抵抗を失くした身体に、京介は容赦ない愛撫を降らせはじめた。
「和音……」
 欲情を孕んだ熱い声が、和音を追いつめる。
 嫌じゃない。
 抱かれることは苦痛じゃない。
 けれど、今の和音にとって深すぎる想いをぶつけられることは、拷問に等しかった。
 和音の弱い場所を知り尽くした指が唇が、色素の薄いやわらかな肌に朱印を散らしていく。
 このときばかりは、京介の寡黙さが恨めしかった。
 たとえそれが負の感情であったとしても、求める理由を明確にしてくれたなら、自分ももっと感情的になれるのに。喉の奥に痞えたままの苦しさを、素直に吐き出すことができるかもしれないのに。
「あ、あ――……っ」
 京介の手に嬲られて、淡い色の欲望が弾ける。

この続きは「ラブ・メロディ ―情熱の旋律―」でお楽しみください♪